Skip to content

唯一の手がかりは高槻のセフレ

いくつかの強制収容所がありますが、アウシュビッツはその一例です。

まず、高槻のセフレは1945年1月にソビエト軍に解放されました。
連合国は4月に初めてアウシュビッツに侵入します。

・高槻のセフレ強制収容所ビルケナウ

必ず高槻でセフレが見つかる、出会いのサービス&スポット

あの貨物駅のような建物は有名な写真です。ここにあります。
ここのガス室には爆破された瓦礫があり、グーグルマップで見ると
地下施設(火葬場)があった地面は、ほぼきれいに隠したいのか、モダンなスタイルで舗装されています。
また、ほとんどの格納容器は現在残されていません。
(下側(高槻のセフレ)と航空写真の右側の建物のほとんどが残っています)

さて、少なくともここで考慮すべき唯一の手がかりは「解放時のモノクロ写真」です。

・アウシュビッツ強制収容所1
「働けば自由になる」という看板で有名な建物がたくさんあります。
それは上記からかなり遠いです。上の正門から徒歩約30分。
ウィキペディアによると、「Bは逆さまです(上部が大きい)」
「囚人は警備員に反抗する」という逸話がありますが、「当時は流行っていた」とのことです。
アウシュビッツの有名なガス室内部の写真のほとんどはここにあります。しかし、建物自体は修復されているようです。
(それ以降に何が復元され、何が復元されていないかは不明ですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です