Skip to content

大阪のセフレはデートしていると語った

1000文字以内で入力してください。

ごめんなさい。

私は狂ったことがない(大阪のセフレ)
「同僚」から「恋人」になった私たち。

彼は、会社内およびその周辺で「恋人」としてデートしていると語った。

たとえ私が大阪のセフレになっても、仕事の終わりに毎日会った人生は変わりませんでした。

大阪でセフレ

戦いはなく、楽しい日々が続きました。

ある日…

状況は一変しました。

不審な電話が彼の事務所に届いた。

大阪のセフレが来たときに彼がいつも来ないとき。

「いいえ」

答えたら

「私はそこにいることを知っています。これから行きます」

そして私を脅かしている言葉。

私は実際には来ませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です